妊娠、出産で人に聞けないことや、調べてもよくわからないことなどを掲載します。妊娠を望んでいる人、妊娠したと思われる人などなど、ぜひ利用してくださいね!^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つわりの症状は、さまざまです。
一般的な症状は、吐き気です。
本当に吐く人もいますし、吐き気だけの人もいます。
吐いて吐いて食事がまともに取れない場合は、病院に相談しましょう。
妊娠初期は、「食べなければ赤ちゃんの成長に影響する」ということはありませんが、吐くことでママ自身が脱水症状になることがあります。
つわりで病院なんて・・・と思わず、少しでも不安があればお医者様に相談しましょう。

それ以外の症状ですが、

食べつわり・・・常に空腹感を感じてどんどん食べてしまう。また、食べないと気持ちが悪くなる。
眠い・・・眠くて仕方ない。運転中に眠くなることもあるので出来るだけ運転は控えましょう。
頭痛・・・薬を飲むことができませんので、頭痛の場合は横になるしかありません。
イライラ・・・ホルモンバランスが変化するせいか、イライラしたり泣きたくなったりすることがあります。
食事の偏り・・・突然、普段食べないものが食べたくなったりします。また、それ以外のものは受け付けなくなることがあります。


妊娠すると、便秘になりがちです。
これもホルモンバランスのせいだといわれていますが、つわりにも原因があります。
つわりにより、食事の量が減るからです。
食事の量が減ると、便秘になりがちです。
だからと言って食べることも出来ないのですが、可能であれば繊維を多く含んだものを食べると良いでしょう。

また市販の薬ではなく、産科では妊婦さんが飲める便秘の薬もありますので、便秘気味だと感じたら、すぐに相談するようにしましょう。
症状が悪化してからだと大変です。

つわりは終わるのを待つしかないのですが、気分の良いときはお買い物などへ出かけて気分転換をするのもとても良いです。
赤ちゃんのことを夫婦でゆっくり話すのもよいでしょう。

体調が悪くてもネガティブにはならないよう上手に過ごしましょう。
妊娠7週目くらいからつわりが始まるといいます。
安定期に入ると自然とその症状は治まります。
個人差があって、それよりも早くからつわりがある人もいます。
また終わりも個人差があり、生まれるまで続いたという人も。


「つわり」とはなんでしょう。
実はつわりの正体は解明されていないらしいです。


・体内に宿る赤ちゃんを異物と感じるアレルギー反応
・ホルモンバランスが変化するため
・妊娠により自律神経が崩れるため
・依存しやすい人はつわりがひどい
・男の子だとつわりがひどい


などなど
さまざま言われていますが、本当のところはわかりません。
つわりは、8割の妊婦さんが経験するそうです。

とってもツライ時期ですが、これも妊娠の醍醐味と割り切って付き合うしかありません。

つわりでつらいときは、頑張らずに正直にいって横になるなど、少しでも楽になるようにしましょう。

妊娠初期におこる流産は、15%くらいの確率でおこるそうです。

繋留流産というのが、出血や腹痛などが無く、お腹の中で成長が止まり、赤ちゃんが子宮内に留まったままダメになってしまっているものを言います。
その場合、手術して子宮内をキレイにする必要があります。
入院する場合と入院しない場合があります。
麻酔を使うため、入院をしなくても病院で少し休んでから自宅へ戻れるようになります。

完全流産というのが、赤ちゃんが完全に流れてしまって、お腹の中からいなくなってしまっている状態です。強い腹痛と大量な出血を伴います。
この場合、手術しないことが多いようです。

不全流産というのは、赤ちゃんがお腹の中で少し残っている状態です。
これも完全流産と同じく、強い腹痛と出血を伴います。
この場合、残ってしまったものを手術でキレイに出してしまわなければなりません。

流産は、心身ともにとってもつらいことですが、その後、無事に出産している方もたくさんいます。
流産は、誰かが、何かが「悪くて」おこってしまうことではありません。
まずは、ゆっくりと体を休めてしっかりと元気を取り戻しましょう!

流産したあとの妊娠では流産しない方が多いそうです。
希望を持ってくださいね。

※私も流産経験者です。
心身ともにとっても辛かったです。
けれど、1人目の子がいたので、立ち直ることが出来ました。
妊娠したかな?と思ったら、昔と違って今だと、たいてい妊娠検査薬を購入して調べてみると思います。
その後、よく聞く素朴な疑問が、

「どのタイミングで病院へ行けばいいんだろう?」

という疑問です。

妊娠検査薬は、早いときには、次の生理の予定の1週間前くらいから反応します。
(これは周期によっても違うので、必ず1週間前に妊娠しているかどうかを調べられるわけではありません。)

では、いつ病院へ行けばよいのでしょう?

出血、腹痛、心配性(w)の方は検査で反応が出た場合、すぐに病院へ行きましょう!
そうでない場合は、少し経ってからでもOKです。

なぜなら、検査薬で妊娠の反応が出ても、妊娠4週目(前回の生理開始日から数えて4週)くらいの場合は、病院で「赤ちゃん」を確認することがまだ出来ないからです。
一般的には、5週目を過ぎてから胎嚢(たいのう)と呼ばれる赤ちゃんが入る袋のようなものが見えます。
次に妊娠6週から7週くらいで心拍の確認が取れます。
この状態になって初めてお医者さんから「おめでとうございます」といわれます。

妊娠5週くらいで病院へ言った場合、医者はドラマのように「おめでとうございます」とは言ってくれません。
心拍の確認が取れてから、ほっと一安心。まずはおめでとう!となるようです。

病院へ行くタイミングは最終的には、自分で決めるわけですが、参考になればと思います。
ちなみに妊娠5週目くらいに行くと、一応見るだけ見て、市販のものと変わらない妊娠検査薬で妊娠したかの反応を見て、個人の病院だと5000円くらいかかります。
そして、「んー。まだ心拍が確認できないので・・・では、また2週間後に来てください」と言われて終わります^^;
寂しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。