妊娠、出産で人に聞けないことや、調べてもよくわからないことなどを掲載します。妊娠を望んでいる人、妊娠したと思われる人などなど、ぜひ利用してくださいね!^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠初期におこる流産は、15%くらいの確率でおこるそうです。

繋留流産というのが、出血や腹痛などが無く、お腹の中で成長が止まり、赤ちゃんが子宮内に留まったままダメになってしまっているものを言います。
その場合、手術して子宮内をキレイにする必要があります。
入院する場合と入院しない場合があります。
麻酔を使うため、入院をしなくても病院で少し休んでから自宅へ戻れるようになります。

完全流産というのが、赤ちゃんが完全に流れてしまって、お腹の中からいなくなってしまっている状態です。強い腹痛と大量な出血を伴います。
この場合、手術しないことが多いようです。

不全流産というのは、赤ちゃんがお腹の中で少し残っている状態です。
これも完全流産と同じく、強い腹痛と出血を伴います。
この場合、残ってしまったものを手術でキレイに出してしまわなければなりません。

流産は、心身ともにとってもつらいことですが、その後、無事に出産している方もたくさんいます。
流産は、誰かが、何かが「悪くて」おこってしまうことではありません。
まずは、ゆっくりと体を休めてしっかりと元気を取り戻しましょう!

流産したあとの妊娠では流産しない方が多いそうです。
希望を持ってくださいね。

※私も流産経験者です。
心身ともにとっても辛かったです。
けれど、1人目の子がいたので、立ち直ることが出来ました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。