妊娠、出産で人に聞けないことや、調べてもよくわからないことなどを掲載します。妊娠を望んでいる人、妊娠したと思われる人などなど、ぜひ利用してくださいね!^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠すると、すぐにお仕事を辞めてしまう人がいますが、経過が順調でムリのないお仕事であれば、ぎりぎりまで席を置いておくことをお勧めします。
これは派遣でお仕事をしている人もなので、よく読んでくださいね。

★健康保険に1年以上継続加入している
★出産後も仕事を続ける

場合、出産手当金が出ます。

この金額の計算は

<標準報酬日額×2/3×日数分>
仮に標準報酬月額30万円の場合、30万円÷30×2/3×98=約65.3万円となります。

結構大きな金額ですよね。
でもお仕事を辞める予定なのに・・・という方、ちょっと待ってくださいね。

法律で定められた「産前休暇42日」があります。
産前休暇は、予定日からさかのぼります。
ですので、出産予定日の42日前の日以降に退職した場合には、この手当金の対象者になります。

産前休暇以降に退職すれば良いということです。

体調がすぐれなくて休みながら、産前休暇まで席をおこうとした場合、企業によっては退職を勧められるかもしれません。
上手にぎりぎりまで残れると良いですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。